第27回日本ヘリコバクター学会学術集会

演題募集

演題募集期間

2021年4月1日(木)正午~5月31日(月)正午
6月14日(月)正午まで延長します。
6月25日(金)正午まで延長します。
演題募集を締め切りました。
多数のご応募をいただき
誠にありがとうございました。

応募資格

筆頭著者および共同著者は、原則日本ヘリコバクター学会の会員であることが必要です。 未入会の方は、日本ヘリコバクター学会事務局のホームページから入会手続きを行って下さい。

※但し、指定演者は学会会員が必須ではありません。

【日本ヘリコバクター学会事務局】
(一財)口腔保健協会内 一般社団法人 日本ヘリコバクター学会
〒170-0003 東京都豊島区駒込1-43-9 駒込TSビル4F
TEL : 03-3947-8891 FAX : 03-3947-8341
ホームページ : http://www.jshr.jp/
E-Mail : jshr@kokuhoken.or.jp

◆倫理規定に抵触しないようにご注意ください。

応募方法

演題登録はすべてオンライン登録となります。締切日までに必ず登録を完了させて下さい。 締切以降の演題登録は受け付けられませんのでご注意ください。

締切直前は大変混み合い登録完了に時間がかかる場合がありますので、余裕を持ってご登録ください。 利用者のコンピューター環境等により申し込みに支障をきたしても事務局では責任を負いかねます。

登録に際しては必ず以下の案内をご一読の上、本ページ下部の「演題登録」ボタンよりお進みください。 登録画面の指示に従い、必要項目をすべて入力してください。 登録完了後、ご登録アドレスに登録受付通知が送信されますので、必ず届いていることをご確認ください(確認・修正・取消に必要なURLが記載されています)。

発表形式

一般演題ならびに主題演題において演題を募集いたします。

主題演題:日本語と英語の2種類の音声付きPPTデータを作成ただき、当日はその動画再生による発表といたします。(日英の選択式で視聴いただけるようにいたします。)

一般演題:日本語の音声付きPPTデータを作成ただき、当日はその動画再生による発表といたします。

※主題演題における当日の質疑応答は英語で行います。

セッション テーマ/内容
01. 主題演題1 H. pylori感染除菌のための対策と課題
The issues and countermeasures for carrying out H. pylori eradication treatment
司会のことば
×

01. 主題演題1

H. pylori感染除菌のための対策と課題

司会:鈴木 秀和

(東海大学医学部 内科学系 消化器内科学)

司会:飯島 克則

(秋田大学大学院医学系研究科 消化器内科学・神経内科学講座)

H. pylori感染が胃がんの主要な原因とされ、胃がんの多い本邦においては、全員除菌を掲げ、約3,000万人いると推定されるH. pylori陽性者(H. pylori感染胃炎)に対する除菌治療が保険診療のもとで進められている。その過程で、いくつかの課題、及び、その対策が講じられている。除菌治療に関しては、薬剤耐性菌の増加によって70%近くまで低下した一次除菌成功率が、ボノプラザンを用いたレジメンによって、80-90%にまで回復した。しかし、それでも除菌困難となる例が存在し、それに対する対策が必要となる。また、H. pylori感染は逆流性食道炎、または、ある種のアレルギー疾患の発生に抑制的に働いていることが知られており、除菌によって、こうした疾患発生に対する抑制効果が解除され増加することも考えられる。また、H. pylori感染は、腸内細菌叢にも影響を及ぼし、腸内細菌叢は、全身の種々の病態と関連することが知られており、除菌治療によって全身の種々の疾患発生のリスクが修飾される可能性があり、その対策も必要である。本セッションでは、本邦において国民総除菌を遂行するうえでの課題とその対策を討議したい。

01. Symposium1

The issues and countermeasures for carrying out H. pylori eradication treatment

Chair:Katsunori Iijima

(Department of Gastroenterology and Neurology, Akita University Graduate School of Medicine)

Chair:Hidekazu Suzuki

(Department of Internal Medicine, Tokai University)

H. pylori infection is considered to be the main cause of gastric cancer, and in Japan, where there are many gastric cancers, eradication treatment for H. pylori-positive persons (H. pylori-infected gastritis), which is estimated to be about 30 million, is being promoted under medical insurance. In the process, some issues and countermeasures have been taken. Regarding eradication treatment, the success rate of primary eradication, which decreased to nearly 70% due to the increase in drug-resistant bacteria, was restored to 80-90% by the regimen using vonoprazan. However, there are still cases where the elimination of the infection is difficult, and countermeasures are required. In addition, H. pylori infection is known to act suppressively on the development of reflux esophagitis or certain allergic diseases, hence the eradication may cancel the suppressive effects and increase the development of such diseases. Further, it is known that H. pylori infection also affects the intestinal flora, and that the intestinal flora is associated with various pathological conditions throughout the body, hence the eradication treatment may modify the risk for various diseases. In this session, we would like to discuss the issues and countermeasures for carrying out national total elimination projects for H. pylori in Japan.

02. 主題演題2 除菌後胃がんの世界を探る:自己免疫性胃炎関連を含む
Exploring the pathogenesis of gastric cancer in the era of Helicobacter pylori eradication
司会のことば
×

02. 主題演題2

除菌後胃がんの世界を探る:自己免疫性胃炎関連を含む

司会:三輪 洋人

(兵庫医科大学 消化器内科)

司会:藤城 光弘

(名古屋大学大学院医学系研究科 病態内科学講座消化器内科学分野)

H. pylori除菌に胃がん発生抑制効果のあることがRCTやメタアナリシスにより示され、あらゆる年齢層の様々な背景粘膜を有する患者に対して除菌療法がおこなわれるようになって久しい。除菌後胃がんと一言にいっても、例えば、除菌時の粘膜萎縮がclosed-type (C) -1とopen-type (O)- 3、腸上皮化生が軽度と高度のように背景粘膜が違えば、胃がんの発生メカニズムや臨床病理学的特徴は異なるかもしれない。また、粘膜萎縮は除菌後の経年変化により回復することから、胃がん発生時に同程度の粘膜萎縮であっても、除菌された時期により発生する胃がんの特徴は異なるかもしれない。さらに、除菌後胃がんの中には、除菌後に新たに発生したもののみならず、除菌時見えなかった胃がんが顕在化したものもあり、両者を区別することは必ずしも容易ではない。自己免疫性胃炎合併例における除菌の効果は如何ほどであろうか。早期除菌例にみられる胃がんは未感染胃がんと同様の特徴を示すであろうか。MALTリンパ腫を始めとした悪性リンパ腫、胃食道接合部がん、バレット食道腺がんなどの他の悪性腫瘍の発生に除菌はどのような影響を与えるであろうか。知りたいことばかりである。本主題では、様々な角度から除菌後胃がんの世界を探ってみたい。多数の演題の応募を期待する。

02. Symposium2

Exploring the pathogenesis of gastric cancer in the era of Helicobacter pylori eradication

Chair:Hiroto Miwa

(Division of Gastroenterology and Hepatology, Department of Internal Medicine, Hyogo College of Medicine)

Chair:Mitsuhiro Fujishiro

(Department of Gastroenterology and Hepatology, Nagoya University Graduate School of Medicine)

Helicobacter pylori (H. pylori) eradication has been performed among wide-range of generations with various states of background gastric mucosa, since RCTs and meta-analyses have revealed that H. pylori eradication significantly reduces the incidence of gastric cancer. Gastric cancers that arise from different backgrounds such as non-atrophic vs. atrophic mucosa, or mild vs. severe intestinal metaplasia may have different mechanisms of cancer development and different clinicopathological characteristics. Because mucosal atrophy would recover over the years after H. pylori eradication, even gastric cancers which have developed in similar degree of gastric atrophy may have different characteristics if the timing of H. pylori eradication was different. Moreover, it is not easy to distinguish between a newly-developed cancer after H. pylori eradication and a preexisting cancer which became detectable after H. pylori eradication. What is the effect of eradication on subsequent development of gastric cancers in case of autoimmune gastritis with H. pylori infection? When H. pylori is eradicated in the early period after establishment of H. pylori infection such as during adolescence, would the cancers have similar characteristics with those that develop in patients with a H. pylori uninfected stomach? What would be the effects of H. pylori eradication for the development of other malignancies such as malignant lymphoma including MALT lymphoma, gastroesophageal junctional cancer, and Barrett’s adenocarcinoma? In this session, we would like to explore the pathogenesis of gastric cancer that develops after H. pylori eradication from various perspectives.

03. 主題演題3 胃炎の内視鏡診断最前線~胃炎の京都分類からみた内視鏡所見と病理所見との対比
Forefront of endoscopic diagnosis of gastritis-comparison of endoscopic and pathological findings from the viewpoint of the "Kyoto Classification of Gastritis"
司会のことば
×

03. 主題演題3

胃炎の内視鏡診断最前線~胃炎の京都分類からみた内視鏡所見と病理所見との対比

司会:永原 章仁

(順天堂大学医学部・大学院医学研究科 消化器内科学講座)

司会:鎌田 智有

(川崎医科大学 健康管理学)

組織学的胃炎の多くはH. pylori 感染が原因で、消化性潰瘍や胃がんはH. pylori 感染を背景として発症することが明らかとなった。従って、胃炎の診断は組織学的胃炎が存在する場合に限って用いるようになった。現在、上部消化管内視鏡検査は胃がんの発見のみならず、H. pylori 感染の有無や疾患の発生リスクを評価することが求められ、「胃炎の京都分類」により、未感染、現感染、既感染の内視鏡特徴を踏まえた胃炎診断が可能となってきた。
内視鏡で観察される萎縮、腸上皮化生は分化型胃癌、鳥肌、皺襞腫大は未分化型胃癌の高リスク、除菌後に顕在化してくる地図状発赤や腸上皮化生などは除菌後胃がんの高リスクであることがこれまでに報告されている。しかしながら、これらの内視鏡所見と病理所見との対比に関しては不明な点も残されている。さらに、これらの所見をもたらす組織、免疫、分子病理学的検索は発癌機序を解明する上で極めて重要である。近年、様々な画像強調観察 (IEE;Image Enhanced Endoscopy)が開発され臨床に用いられているが、その有用性および価値については十分に検討されているとは言えない。
本セッションでは、「胃炎の京都分類」に準じた内視鏡所見と病理所見との対比に焦点をあて、これを踏まえた白色光またはIEEによる内視鏡診断の現況と今後の展望などについて議論したい。多くの興味深い演題を期待している。

03. Symposium3

Forefront of endoscopic diagnosis of gastritis-comparison of endoscopic and pathological findings from the viewpoint of the "Kyoto Classification of Gastritis"

Chair:Akihito Nagahara

(Department of Gastroenterology, Juntendo University School of Medicine)

Chair:Tomoari Kamada

(Department of Health Care Medicine, Kawasaki Medical School)

It has been clarified that most histological gastritis is caused by H. pylori infection, and peptic ulcer and gastric cancer are induced by H. pylori infection. Therefore, the diagnosis of gastritis has come to be used only in the presence of histological gastritis. Upper gastrointestinal endoscopy requires not only detection of gastric cancer but also evaluation of the presence or absence of H. pylori infection and the risk of developing the disease. The "Kyoto Classification of Gastritis" has made it possible to diagnose gastritis based on the endoscopic characteristics of H. pylor-uninfected, current infected, and past infected.
Both endoscopic atrophy and intestinal metaplasia are known as a risk of differentiated adenocarcinoma, and both nodularity and enlarged fold are known as a risk of undifferentiated adenocarcinoma. Furthermore, although the incidence of gastric cancer is halved after eradication, map-like redness and intestinal metaplasia remain a high risk of gastric cancer after H. pylori eradication. However, there are still unclear points regarding the comparison between these endoscopic findings and pathological findings. To elucidate carcinogenic mechanism, it is significantly important to investigate immunohisto-molecular pathological features which causes these findings. Recent advances in various type of image enhanced endoscopy (IEE) make it useful for diagnosing gastritis but their usefulness and value have not been fully investigated.
In this session, we will focus on the comparison between endoscopic findings and pathological findings according to the "Kyoto Classification of Gastritis" and discuss the current status and future prospects of endoscopic diagnosis using white light or IEE. We are looking forward to many interesting presentations.

04. 主題演題4 新たなH. pylori診断検査法の現状と今後
Current status and future prospects of new diagnostic methods for H. pylori
司会のことば
×

04. 主題演題4

新たなH. pylori診断検査法の現状と今後

司会:菊地 正悟

(愛知医科大学 公衆衛生学)

司会:塩谷 昭子

(川崎医科大学 消化管内科学)

本学会のガイドラインでは,除菌判定に尿素呼気試験(UBT)が最も適した検査として推奨されているが、カットオフ値近傍の判定について信頼性が低い傾向にある. 同様にH. pylori抗体検査は、陰性と判断されてもカットオフに近い場合は「陰性高値」とされ、感染者が少なからず存在することが知られている。そのため、学会から新たに公表された「ピロリ菌血清抗体を加味した効果的な胃がん検診法と除菌を組み合わせた包括的胃がん予防のための推奨指針」において、抗体検査陰性高値者に適切なH. pylori感染診断を追加し、陽性の場合は除菌することが推奨されている。適切な感染診断については、特に特定はされていない。また血清pepsinogen (PG)値とH. pylori抗体を用いて胃がんのリスクを判定するABC分類が広く行われているが、同一検体でもキットによってPG値が異なる。本主題では、従来の検査を含め新たな診断検査法の精度および問題点さらには精度向上のための改善点に関する演題を広く公募する。

04. Symposium4

Current status and future prospects of new diagnostic methods for H. pylori

Chair:Shogo Kikuchi

(Department of Public Health, Aichi Medical University School of Medicine)

Chair:Akiko Shiotani

(Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Kawasaki Medical School)

In the guidelines of the Japanese Society for Helicobacter Research, urea breath test (UBT) is recommended as the most suitable test for diagnosis of eradication, However, the judgment near the cutoff value tends to be unreliable. Similarly, H. pylori antibody test is "negative high" when it is close to the cutoff, and it is known that there are not a few infected patients with the negative high antibody test. Therefore, in the newly published "Recommended guidelines for comprehensive gastric cancer prevention combining effective gastric cancer screening and eradication using the serum antibody test", another appropriate H. pylori test is recommended to those with negative high hp antibody test. However, the proper diagnosis method is not particularly established. Moreover, ABC classification using combined assay for serum pepsinogen (PG) levels and H. pylori antibodies has been widely adopted as an effective tool to determine gastric cancer risk, but the PG value varies depending on the kit even in the same sample. We would expect the subjects on the accuracy and problems of new diagnostic methods, including conventional tests, as well as clinical trials to improve the accuracy are expected.

05. 主題演題5 小児・若年者除菌の未来
The future of H. pylori treatment for children, adolescents and young adults
司会のことば
×

05. 主題演題5

小児・若年者除菌の未来

司会:奥田 真珠美

(兵庫医科大学 小児科)

司会:内藤 裕二

(京都府立医科大学大学院医学研究科 消化器内科学)

日本ヘリコバクター学会ガイドライン「H. pylori感染の診断と治療のガイドライン2016改訂版」では、胃がん予防への提言が記載され、「除菌によって胃がんリスクは低下する」「感染早期の除菌ほど胃がん予防効果は大きい」とある。また、「青少年期の除菌治療は次世代への感染対策として有効である」とも記載されている。しかしながら、日本小児栄養消化器肝臓学会の「小児期ヘリコバクター・ピロリ感染症の診療と管理ガイドライン2018(改定2版)」では、CQ9「無症状の小児の H. pylori 保菌者に除菌療法は推奨されるか?」に対するステートメントは「胃がん予防のために無症状の小児にH. pylori感染診断を行い、陽性者に内視鏡検査を施行せずに除菌療法を行う、いわゆるtest and treatを行わないことを提案する」とある。『胃がん予防』に対して相反する提言とガイドラインにより地方自治体をはじめ、医師や国民に混乱と戸惑いが生じている。本主題では、現状における問題点を整理し、小児・若年者除菌の未来を考えてみたい。

05. Symposium5

The future of H. pylori treatment for children, adolescents and young adults

Chair:Masumi Okuda

(Department of Pediatrics, Hyogo College of Medicine)

Chair:Yuji Naito

(Department of Gastroenterology and Hepatology, Kyoto Prefectural University of Medicine)

In Japan, the major cause of gastric cancer is Helicobacter pylori (H. pylori) infection. Therefore, targeting H. pylori eradication is considered an effective strategy to prevent gastric carcinogenesis. The earlier H. pylori eradication has been thought to be more effective in the prevention of future gastric carcinogenesis. Consequently, there are several “screen-and-treat” projects at the prefectural/city level in Japan for junior or senior high school students. In this symposium, we will discuss the up-date results of these “screen-and-treat” projects, and will predict/dream the future of primary gastric cancer prevention.

06. 主題演題6 ヘリコバクター基礎研究の最前線
New evidence of basic research for Helicobacter spp
司会のことば
×

06. 主題演題6

ヘリコバクター基礎研究の最前線

司会:山岡 𠮷生

(大分大学環境予防医学講座)

司会:前田  愼

(横浜市立大学 消化器内科学)

Helicobacter属細菌の基礎研究は、胃炎、胃潰瘍、胃がんを惹起する細菌の病原性研究として開始された。この細菌が胃内に感染し、疾患を惹起するメカニズム研究から、菌側病原因子の解析、特にCagA、VacAをはじめとする因子の研究は大きな展開を遂げた。また宿主側因子の解析からその誘導するさまざまなシグナル伝達異常が明らかとなり、疾患惹起のメカニズムも明らかになりつつある。一方で、H. pylori全除菌時代となり、除菌後にも残存する影響、この細菌が引き起こすゲノム・エピゲノム変化、腸上皮化生をはじめとする粘膜変化、耐性菌の蔓延など、未解決な問題が山積している。さらに、H. pylori以外のHelicobacter属と疾患との関連性なども話題となっている。また、先駆的な方法論の応用として、大規模ゲノム解析や幹細胞研究などを題材した研究も盛んに行われている。本シンポジウムでは、Helicobacter基礎研究のあらたな研究の方向性を示すような演題を広く募集したい。

06. Symposium6

New evidence of basic research for Helicobacter spp

Chair:Shin Maeda

(Division of Gastroenterology, Yokohama City University Graduate School of Medicine)

Chair:Yoshio Yamaoka

(Department of Environmental and Preventive Medicine,Faculty of Medicine, Oita University)

Basic research on Helicobacter species was started as a pathogenicity study of bacteria that cause gastritis, gastric ulcer, and gastric cancer. From the study of the mechanism by which this bacterium infects the stomach and causes the disease, the analysis of virulence factors, especially the study of factors such as CagA and VacA, has made great progress. In addition, analysis of host-side factors has revealed various signal transduction abnormalities induced by them, and the mechanism of disease is becoming clear. On the other hand, in the era of H. pylori total eradication, unsolved problems such as the effects remaining after eradication, genomic / epigenome changes caused by this bacterium, mucosal changes such as intestinal metaplasia, and the spread of resistant bacteria still remains. Furthermore, the relationship between the Helicobacter species other than H. pylori and diseases has become a hot topic. In addition, as an application of pioneering methodologies, research on large-scale genome analysis and stem cell research is being actively conducted. In this workshop, we would like to invite a wide range of presentations that show the new direction of Helicobacter basic research.

07. 主題演題7 消化管疾患と口腔、胃内、小腸、糞便マイクロバイオームのクロストーク
Crosstalk between gastrointestinal disorders and the oral, gastric, small intestine and fecal microbiomes
司会のことば
×

07. 主題演題7

消化管疾患と口腔、胃内、小腸、糞便マイクロバイオームのクロストーク

司会:大草 敏史

(順天堂大学 大学院医学研究科 寄付講座腸内フローラ研究講座)

司会:松本 主之

(岩手医科大学医学部 内科学講座 消化器内科消化管分野)

胃がんと胃・十二指腸潰瘍はH. pyloriの発見と除菌療法で解決されたとされているが、なぜH. pylori感染の数%以下しか発生しないのかなど疑問は解決していない。最近の研究では胃がんの発生に胃内細菌の関与が示唆され、胃内細菌叢が注目されてきている。また、口腔細菌が食道がんや胃内細菌叢の形成に関与していることも示唆されている。さらに、糞便細菌叢の形成についても、PPI投与下では胃内細菌叢が影響していることや小腸細菌の異常増殖(SIBO)が過敏性腸疾患の原因とも報告されている。ここでは、上部消化管疾患について口腔、胃、小腸の細菌叢を中心とした最近の研究を幅広くとりあげて討論したい。

07. Symposium7

Crosstalk between gastrointestinal disorders and the oral, gastric, small intestine and fecal microbiomes

Chair:Toshifumi Okusa

(Department of Microbiota Research Juntendo University Graduate School of Medicine)

Chair:Takayuki Matsumoto

(Division of Gastroenterology, Department of Internal Medicine, Iwate Medical University)

It has been well known that the identification and eradication of H. pylori contributed greatly to the management of gastric cancer and peptic ulcers. However, it still remains uncertain why only a small proportion of subjects infected by H.pylori develop gastroduodenal pathology. Recent research has suggested that gastric microbiota other than H. pylori are closely associated with gastric cancer. It has also become evident that oral microbiota contributes to the development of esophageal cancer and it affects composition of gastric microbiota. Furthermore, a close association between gastric and fecal microbiota under proton-pump inhibitor use and a role of small bowel bacterial overgrowth for the development of irritable bowel syndrome have been suggested worldwide. In the present workshop, we would like to discuss a wide spectrum of recent basic and clinical observations showing significant roles of oro-gastrointestinal microbiota for the pathophysiology, diagnosis, management and prevention of upper gastrointestinal pathology. The moderators sincerely welcome to your contribution.

08. 一般演題 幅広く演題を募集いたします

利益相反

本会での発表・講演においては利益相反(COI)状態の申告が必要です。

演題登録時に利益相反の有無について選択してください(全ての演者自身の過去3年(1月~12月)における、発表内容に関連した利益相反の有無が対象となります)。

発表の際は、スライドにてCOI状態を開示して下さい。


利益相反に関する詳細は、日本ヘリコバクター学会の「利益相反に関する指針(http://www.jshr.jp/about/coi.html)」をご覧ください。COI開示スライドの様式もこちらからダウンロードが可能です。

倫理審査について

「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」等が適用される研究については、それらの指針に基づき、各機関等における倫理審査委員会の審査に基づく機関の長の許可を得て行われていることが必要です。


本会ではJDDWの倫理指針に準じてご対応頂くこととなっておりますので、(https://www.jddw.jp/meeting/rinri.html)にてご確認くださいますようお願い申し上げます。


倫理規定に抵触している可能性がある演題は取り下げを依頼する可能性がございます。

抄録作成における注意点

  • 主題演題は、日本語と英語の2種類の抄録をご登録ください。
  • (プログラム・抄録集には日英両方の抄録を掲載いたします。)
  • 一般演題は、日本語の抄録を登録下さい。但し、演題名と結語は日本語と英語の両方を登録下さい。

文字数制限は以下の通りです。

日本語 英語
演題名 全角50文字以内 半角英数100文字以内
抄録本文 全角800字以内
※【目的】【方法】【結果】【結語】の順で見出しを付けてください
半角英数1,600文字以内
※【Conclusion】は必ず記載してください
Keyword 全角80字以内 半角英数160文字以内

※半角英数字は2文字で全角1文字です。

※上付き・下付きなどに使用する「タグ表記」については下記をご参照下さい。

種類 タグ 入力例 表示例
上付き文字 <SUP></SUP> Ca<SUP>2+</SUP> Ca2+
下付き文字 <SUB></SUB> CO<SUB>2</SUB> CO2
イタリック <I></I> <I>in vivo</I> in vivo
太字 <B></B> <B>太字</B> 太字
アンダーライン <U></U> <U>アンダーライン</U> アンダーライン
改行 [Enter]キー、[Return]キーでの改行がそのまま反映されますので、タグでの指定は不要です。

※演題名(英語)、Conclusionで記号・特殊文字を用いる時は、下記リンク先をご参照の上、入力して下さい。

  • 最大著者数:20名(筆頭著者+共同著者)
  • 最大機関数:20機関
  • 会員番号:77から始まる6桁の番号を入力してください。 (会員への入会手続き中の方は、登録の際に「999999(6桁)」と入力して下さい。)
  • 主題演題へ申し込まれる場合は、「不採択時に一般演題での採用を希望する/希望しない」をご選択ください。
  • 採用された演題は日本ヘリコバクター学会誌へ掲載されますが、掲載の際に事務局では著者名、所属機関名、演題名、抄録本文等について誤字、脱字等の修正を行いません。ご登録の際は誤字、脱字等の無いよう十分 ご注意ください。
  • 演題の採否等はEmailにてご案内いたします。演題登録時のE-mailアドレス宛に送信しますので正確にご入力ください。

    ※携帯電話のキャリアメールはご利用になれません。
    また、Gmail等のフリーメールも事務局からの採択通知等が届かない場合があるため、可能な限り登録を 控えてください。

登録受付通知 ならびに 登録内容の修正・変更について

ご登録アドレスに自動送信メールが届きます。
ご登録後、一定時間をおいても登録受付通知が届かない場合は、お手数ですが迷惑メールフォルダ等をご確 認いただくか、事務局へお問い合わせください。


自動送信メールの末尾には編集画面のURLが記載されています。登録内容の確認・修正・取消は、このURL から個人ページに進んで行って頂きますので、大切に保管してください。確認・修正・取消は、演題登録受 付期間内のみ有効です。

採否通知

演題の採否、発表日時および発表形式は会長にご一任ください。


演題締切後1か月程度で事務局よりメールにてご連絡いたします。予定時期を過ぎても事務局からの連絡がない場合は、迷惑メールフォルダ等をご確認頂くか、お手数ですが事務局へご連絡頂きますようお願い申し上げます。

個人情報の取扱について

ご登録いただいた個人情報は、第27回日本ヘリコバクター学会学術集会の運営準備の目的以外での使用はいたしません。
また、ご登録いただいた個人情報は必要なセキュリティーを講じ厳重に管理いたします。

演題登録に関するお問合せ

第27回日本ヘリコバクター学会学術集会運営事務局
株式会社プランニングウィル内
〒113-0033 東京都文京区本郷4-1-5 石渡ビル6F
TEL 03-6801-8084 FAX 03-6801-8094
E-mail jshr27@pw-co.jp ※@は半角にして下さい